Chromecastは、WEBコンテンツやスマホコンテンツをWi-Fi経由で簡単に楽しめるようになるGoogle製デバイスだ。テレビのHDMI端子に接続しWi-fi設定をするだけで利用可能。  

パソコンとリビングに大型テレビを持っている家庭ならば、利用価値は大きい。 パソコンに表示するもの全てを大画面モニタに表示できるし。Google Playで映画のレンタル、amazonプライムビデオなど、パソコンで見ていた動画をリビングのテレビでゆっくり見ることが可能なのだ。

スマホからの活用法ですと、youtubeアプリから動画をリビングのテレビにキャストが一般的な使い方です。ライブ動画など気軽に大迫力で楽しめる。  

実家の母は、ボランティアで踊る踊りをテレビに映し出して練習しているが、膨大なコンテンツを気軽に見れて、自宅で練習できるのは便利だと言っている。踊りの教室に行かず自宅で練習できるのは良い。     実家の母が元気でいるのもIT技術のお陰。色々な情報を入手しやすくなり、新しい刺激と色々なことへの意欲が湧いてくるようだ。 何処に居ても情報の入手が可能で、シニアこそインターネットは必要なものであると思う。

日常生活のスタイルが大きく変わるからね。  

昔のタイプの製品(海外モデル)

amazonほしいものリスト

Next Post Previous Post