音楽ストリーミング配信サイトの定番

music WEB blog
 公開:2016-11-01 更新:2016-11-01

みなさん、こんにちは!
Suga(@kokoyocom)です。
   音楽ストリーミングサイトが、充実してきましたね。膨大な音楽を好きなだけ聞くことが可能となり選択肢も増えてほんとうに便利になりました。
ではどのサービスを選べばよいのでしょうか? という事で自分のスタイルを紹介します。

ポイントとして方針を考えたのは、下記の3点

  • コンテンツ量  聞きたい曲がなければそもそも問題ですね。登録曲数の多さで判断したいところですが、得意ジャンルの違いと邦楽への力の入れ方などで大きく違います。徐々に増えている感じはします。(洋楽とか古いアルバムとか一部しかない場合が多い)
    結局、聞きたい曲が無い場合が多く、CDを購入して聞くスタイルは残るように思います。
  • 料金  好きなジャンルを、ラジオ的に聞くのであれば、月々の料金は無料で・・
  • 音質  高音質は魅力だが、利便性を優先したいので音質はそこそこで良い。

上記の事を想定し、下記のサービスを利用することにしました。
※曲数については、定額の金額に相応でGoogleもAppleもSpotifyも似たようなもであると思います(どのサービスも変動があります)
※媒体としては主に、スマホ、Windowsパソコンから再生し聴いています。

Google Play Music

自分が持っているmp3音源をアップロードできる コレは凄すぎる。アップロードしてどこでも聞けるのは本当に便利。しかも自分の音源だけでよければ無料で利用することが可能でアップロード曲数は、なんと50,000曲 おおよそアルバム5,000枚ほど、普通の人であれば一生分の曲数をクラウド上で管理ができるのです。圧倒的な機能です。ほぼメインで利用しています。

amazon prime music

無料ではありませんが、プライム会員として、年間3,900円、1ヶ月 325円、amazonは他のサービスと違っていて、プライムビデオ(動画見放題)や、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用、、、てんこ盛り状態です。アマゾンで買い物する人はプライム会員になっている人は多いと思います。
問題はコンテンツ量ですが、月額費用としてはGoogle、Appleの3割程度なので、曲数も3割程度という感じですね。

まだ会員になっていない人は一ヶ月お試しは下記より

Amazonプライム公式ページを見る

Spotify

最近話題のSpotify。定額サービスではあるものの唯一無料で提供しているサービスです。
5,6曲の合間に広告が流れる事で無料化しています。また無料会員はシャッフルプレイのみ、曲スキップ回数も制限があります。
自分の好きなジャンルをラジオのように聞くスタイルにはいいですね。
会員の7割が無料会員とのことですので広告収入で成り立っていいる模様です。
専用アプリもありますが、Webページで再生できます。
Spotify webページを見る

Apple Music

WindowsPCで作成するには、iTunesのインストールが必要でどの端末でもライブラリを同期したい場合など少々面倒そうなので試していない。

AWA

Windwos デスクトップ版ダウンロード
・デスクトップ版のインストールが必要
※未使用

LINE MUSIC

※未使用

気に入ったらシェアお願いします。
ではでは~

次の記事 前の記事