GoogleTodoについて、一覧で表示する機能【https://mail.google.com/tasks/canvas】 ですが、2019年04月にサービスが終了してしまいました。

このような画面です(ちょっとだけ)

上記は、PCフルスクリーンで参照でき、操作性はテキストエディター同様、爽快で抜群なサービスでした。
パソコン及びスマホでの操作が可能なので場所を問わず思考を整理するのに大活躍でしたが、終了となり残念です。
メール且つ、カレンダーに統合された、新GoogleTodoを使ってみましたがどうしても馴染めず、代替の紹介となります。

dynalistです。

GoogleTodo同様、機能的に問題ありません。逆にdynalistの方が操作性、機能が優れていると感じます。キーボードでのショートカット機能が豊富で、非常に速い操作が可能です。

見た目についても、文字の大きさや背景色の変更など、ショートカットで瞬間的に変更可能でリストが見やすいです。感動しますね。文句なし一択でした。

その中で、なにより感動したのが、Todoリストの共有機能。これは個人のTodo管理からグループへ可能性が広がります。家族や会社プロジェクトチームとの共有が可能です。

共有URLを公開し、スマホの場合ホーム画面にショートカットを作ればアクセスが容易になります。
共有方法については、
共有1
共有2
以上で簡単に共有ができます。

主な私の使い方としては、Todoを目的別に下記の通り作成しています

  • Main:会社用
  • 個人:個人用
  • 【共有】家族用:家族での掲示板
  • 【共有】プロジェクト用(会社の案件など)
  • 【共有】友人用:友人との掲示板

とにかくタスク管理は、エディター的な一覧性と操作性が重要だと考えています。思考を止めずに書きたい場所にとにかく即書き込む事ができなければ、私の場合は使えません。

共有しているTodo
共有しているTodoリストは色分けされています。分かりやすいです。

有償版について

良く作られていると思ったのは、企業で利用する場合の機能が盛り込まれている事です。例えば・・

  • 修正履歴
  • ファイルのアップロード(PDFなど)
  • 画像のアップロード(JPEGなど)
  • データバックアップ
  • その他・・

法人利用の場合は必要機能ではないでしょうか?。ファイルや画像をアップロードできる機能は驚きです。。。 PRO版を利用する価値は充分ありと感じました。
有償のもの

このサービスは、紹介機能があり、下記より登録することで、双方へメリットがあるようです。
・紹介する側:有料PRO版の利用期限が増える。
・紹介される側:有料PRO版の支払いで利用できるクレジットがもらえる。
dynalist
よろしかったらお願いいたします。

-追伸-

どうしてもGoogle Tasks Canvasインターフェースが良い!! と言う方は、【@GTaskD】 があります。
私も新GoogleTodo に馴染めない時に、このサービスを利用しておりました。開発者には本当に感謝です。

参考までに、私が今まで利用したTodo管理サービスの画面です。

workflowy(当初利用したもの、無料版は1か月250トピックス制限)
workflowy

@GTaskD(Google Tasks Canvasインターフェースがこれ)
gtaskd

dynalist(今回ご紹介のサービス・・カラフルで見やすいです)
dynalist

ではでは〜

Next Post Previous Post