今回、機種変更したため、またスマホケースを購入します。

今まで利用していたスマホケースについてはこちら・・・
一年後の状態など、感想など記載しているので参考にして下さい。
記事:本革のシンプルなスマホケース(ソフトオイルレザー手帳型)

やはり、前回同様、HIGHCAMP (ハイキャンプ) のメーカです。
さて購入しようとショップで機種を探したところ、Xparia1は新しいためか、製造元が同じでもAmazonや、他のショップでも機種一覧にありません。唯一上記Creemaショップで機種の指定ができました。
ケースは利用する時の、持ちやすさや手触りを考えるとこれ以外の選択肢がないのです。とにかく購入できたので良かった。


製品の種別としては、”カメラ穴タイプ”で、開き方は、右利き用。
Xpariaの場合、カメラの起動兼シャッターボタンが右側面にあるので、右利き用が使いやすい。


革の質感は良く、柔らかいです。手帳タイプの場合、どうしても汚れが目立ちます。明るい系のデザインの場合どうしても丁寧に扱わないと汚れが目立ちます。前回はキャメル色だったので、前回前回の記事 今回はブラウンにしてみました。


上記、前回のスマホケースですが、ストラップ用の穴が邪魔して、綺麗に折り曲げることができません。そこでダメもとでストラップ用の穴無しを、製造元に問い合わせたところ、なんと対応して頂きました。ありがとうございます。

それがこちら。。完全に折り曲げることができて美しい。


Xparia1は、縦長で片手で使うには指が届かず、バランスが悪いので頭から落ちそうになる。更に横幅が狭くなり、両手で使うには、ソフトキーボードが押しにくい。もはや片手で操るには厳しいサイズです。

私の場合両手で操作するので、サイズ的には問題ありませんが、ある程度の厚みと横幅が必要です。このスマホケースの場合は程よい横幅と厚みを提供してくれます。操作する場合の安定性が良くなりました。

その他、注意点としては、Xparia1は”サイドセンス機能”があります。
少しの期間ケース型のタイプでサイドセンス対応を唄っている製品を使ってみましたが、スマホを握り込んだ時に誤動作しやすいという怖さ。勝手にアプリが起動している場合がありました。
それに比べ、手帳タイプの場合、サイドに触れることがないため、誤動作の心配はありません。

amazonほしいものリスト

次の記事 前の記事