パソコンを買い替えてしまい、年に一回の年賀状の住所録ファイルの編集ができない!!

私の個人パソコンの場合、officeアプリケーションは必要ないので入っておりません。
しかし、まれにoffice形式ファイルを扱わなくてはならない場面があります。まさに年一回の作業!年賀状住所録CSV形式ファイルのメンテナンスです。

テキストエディターで編集も可能ですが、今回は無料で利用できる方法でメンテナンスします。
今回無料のオープンオフィス製品は使わず、クラウド環境を利用した方法です。

Google ドキュメントエディター]を利用します。

1ますは、chromeよりURLにアクセス

chromeアプリ一覧を表示します。

URLの入力欄に下記の文字列を入力します。

chrome://apps

2ショートカットの作成

パソコンのデスクトップにショートカットアイコンを作成します。

アイコン右クリックで、”ショートカットを作成”をクリックします。
※パソコンのデスクトップに、chromeアプリのショートカットが作成されます。

3アプリケーションを起動し、ファイルをオープン

chromeアプリケーションを起動し、ファイルをオープンします。
今回はCSVファイルですが、excel文書、word文書も可能です。
その際は、該当するアプリケーションを適切に選択し起動します。

パソコンのデスクトップに作成されたアイコンを起動します。
”新しいドキュメント”を選択し、下記の操作を行います。

[ファイル]-[開く]-[アップロード]を選択


編集対象のCSVファイルやofficeファイルをドラッグ&ドロップします。


ファイルが読み込まれ、CSVファイルが編集可能となります。
編集後、googleドライブに保存されますが、ダウンロード可能なので必要に応じてダウンロードします。

-追伸-

完全なoffice互換ではありませんので、表示の崩れなどが多少あります。
あくまでも緊急時の方法として覚えておくと便利な方法です。
無料の Microsoft Office Onlineも利用してみましたが、CSVファイルの場合文字化けしたので今回は採用しませんでした。
CSVファイルの場合は文字コードを調整する必要があると思われます。

ではでは~

前の記事