みなさんこんにちは

単語帳ネットとして、会員制、単語帳WEBアプリを作っておりましたが時代と共に陳腐化したため、ブログ形式のサイトにリニューアル致しました。     今回サイトをリニューアルするに辺り、CMSは、GRAVを使うことにしました。
  GRAVについては、データベースを必要とせず、フラットファイルのみでコンテンツ管理ができるものです。機能もシンプルで動作が軽く、バックアップも容易です。  

  Gravサイト    

Wordpress同様、コントロールパネルがありプラグインの導入やテーマの変更など可能となっています。 セットアップは簡単なので紹介します(インストールは、FTPでアップするだけ)。簡単に企業サイトを作成するのであれば簡単で良いと思いますが、テーマを多少調整する必要がある場合は少々知識が必要です。  

  レンタルサーバーですが、DBを利用しないと言うことは、、、  
と言う事です
(今回は動作したロリポップレンタルサーバを利用)  

ロリポップ!レンタルサーバー    

記事の記述方法については、マークダウン記法が使える。
日本語Markdownユーザー会
Markdown記法 サンプル集


まずは、GRAVインストールから・・・

(2)GRAVダウンロード  

https://getgrav.org/
上記よりダウンロードする。

GET GRAV GRAV CORE + ADMIN PLUGIN

 

(2)FTPアップロード  

ダウンロードファイル【grav-admin-v1.0.10.zip】を解凍。【grav-admin】が作成される。
FTPでアップロードする際は、’grav’とリネームしアップロードする。
ほんとこれだけで簡単、データベースの設定もなし!!

 

(3)初回のみ設定  

http://tangocho.net/
※独自ドメイン未登録の場合は、http://kokoyo.pupu.jp/grav/ へアクセス
上記アクセスします。(ドメイン接続の説明は割愛)
初回のみの画面です。(必要情報を入力し保存)

2回め以降の画面

http://tangocho.net/
2回め以降、URLをアクセスし上記画面で正常です。

ちなみに・・・管理画面へのアクセスは、
http://tangocho.net/admin
管理画面(記事の投稿はここから行う)

 

(4)各種サイトの調整


日本語に変更


日付の表示方法設定


言語設定


サイトに関する情報を入力


HOMEの本文を変更する


HOMEページをBLOGスタイルに変更


ホームの既定値を再設定する。(blogとする)


最後に HOMEのページが変更ができない場合。
次の画面が表示される場合(HOMEのページの変更ができない)  

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能が有効となっている場合があります    


その際は、サーバ設定画面より設定を無効とする必要があります。  

ではでは~

Next Post Previous Post