みなさん、こんにちは!
Suga(@kokoyocom)です。

パソコンのスピーカを試行錯誤しています。 常に電源が入っているパソコンのスピーカを高音質にできれば、好きな音楽やラジオをBGMとして流すことができる。 今では、Youtubeやスポティファイ、Google play music、amazon prime musicなど多彩なサービスがあり、パソコンのスピーカの重要性が高まっていると思うのです。   お金をかけずに納得できる音質に近づけたいと考え、アンプ、スピーカ、ウーハーを準備することにしました。 メインスピーカはSonyのミニコンポから調達、音質は良く、音楽はこのミニコンポで聴いていたのでパソコンのスピーカには充分でしょう。  

ウーハーは、YAMAHAのサブウーハーを利用少々古いモデルですが、これが心地よい低音を出します。鳴ってないように思いますが、あるとないとでは大違い。

無いのはアンプだけ、大音量では利用しないので、5W程度あれば充分という事で Fostex AP05という製品を購入してみました。  

エコデザイン指令と呼ばれるEUの環境配備設計ErP指令に対応。一定音量以下の状態が約15分間続くと、自動的にスタンバイモードに切り換わり、パワーインジケーターが緑の点灯から赤の点灯に変化し、消費電力を約0.4Wまで下げます。スタンバイモードにおいて再び入力信号が入ると、自動的に電源がオンになって音楽が楽しめます。

という製品です。少々力不足で、15Wモデル AP15d に変更、ボリュームのツマミも大きく使いやすい。

全体的な構成

※スマホから音楽をキャストするためにchrome cast audioも接続しました。

fostex AP05 箱 fostex AP05 AP15d 正面

パソコン用スピーカ

AP05とAP15d 斜め横 パソコンに接続したスピーカ



ではでは~

次の記事 前の記事