家内のスマホを、Sony Xperia X Performance からGoogle pixel3aに変更してみた。
理由は、格安SIMを利用したときにXperiaではGPS制度に問題があったためだ。

Xperiaは、大手キャリア回線で利用していた時は問題は無かったのだが、格安SIMにした途端にGPSの精度が落ちる。どんなに調整しても、アプリを入れても改善せず・・・
詳しくは、GPS測位遅延という事らしいのだが、格安SIM(MVNO)+ Xparia(X Performance docomo SIMロック未解除)は使えないと判断しキッパリ諦める事にして、心機一転、pixel3aを購入した。

AndroidOSの開発メーカGoogleの端末。一番心配だったGPSは全く問題なく、有機ELディスプレイ(OLED)搭載し、画面表示も鮮やか、動作も安定しており快適だ。作りはプラスチックですがそれほどチープには感じない。

今回、pixel3aに触れてみて、性能はやっぱりSonyという自分の絶対的定義が完全に崩れた。pixelのあまりの完成度の高さでびっくりしている。

特にカメラ性能は凄い、即起動し即撮影できる機動性は素敵だ。実は私もSony Xparia1を使っているのだが、安定性に魅力を感じてしまうほどだ。
画質についても、センサーサイズは双方ほぼ同じ。大きな差はない。

  • Xparia1 1/2.6
  • pixel3a 1/2.55

しかもだ。pixel3aはデジタルズームや、夜景モード、ポートレートモードが優秀で、AIを駆使したノイズ抑制機能を持っている。特に夜景モードは肉眼以上の仕上がりなのだ。見た目以上に加工されるが、写真がこんなにも楽しいものだとは、、、
新しい価値観だ。

格安SIMは、Lineモバイル
コミュニケーションフリープラン 3GB / 音声通話SIM ¥1,690。ほぼインスタメインなので、この範囲で問題はない。自宅ではWifiなのでパケットもそれほど使わない。
lineモバイル通信費

pixel3a表

pixel3a裏面 pixel3a表通知

pixel3a表通知2 pixel3aアプリ一覧

pixel3aカメラ起動

大きさは、Xparia1と比べると横幅は少々狭く、縦はポケットに入れるにはちょうど良いぐらいです。
pixel3a_xparia1比較

私も、次はpixelにしようかしら。。。

amazonほしいものリスト

Next Post Previous Post