GRAV ページ キャッシュ (page cache)

GRAV WEB blog
 公開:2017-11-23 更新:2017-11-23

こんにちは。

今回、gtmetrix のサイトにて、スピードの改善をしてみました。

GTmetrixとは、サイト速度を分析するWEBサービスです。Google評価指標のPageSpeed Insightsと、Yahoo評価指標のYSlowを同時に計測してくれます。 サイトの表示速度が遅い場合、ユーザーの離脱が起こる可能性があり、Googleのランキングでも速度は重要で、検索ランキングを決める要素にもなっています。
CMSの一つgravは、DBを利用しないフラットファイルをベースとしたシステムで非常に高速ではありますが、このサービスを使って更に改善をしてみたいと思います。

(1)Gzip 圧縮  

Gzip設定前
設定画面

結果

Gzip設定後結果

(2)ページキャッシュ  

grav-plugin-advanced-pagecacheを導入してみる。 キャッシュは、画像ファイルなどに有効期限を設定し、これらファイルのリクエストを削減することが目的で結果的に高速化されます。  

GRAVページキャッシュプラグインです。

GRAV ページキャッシュプラグイン  

結果
キャッシュ機能が効いていない模様?。  

gtmetrixの結果 google 効果がない2  

確実に htaccessで設定

.htaccessに記載してみる。
.htaccess設定

結果
キャシュが有効となった模様!。  

改善される
改善2

(3)SEO対策設定

google定義
上記より下記の設定をしてみた。

最終的な結果

最終的な結果

いろいろ調整し、数字的には向上しましたが体感速度はそれほど実感できません。逆に、キャッシュの影響で、更新した内容が反映されない、画像が入れ替わらない、スタイルが崩れて表示されるなど色々な問題に直面します。少々運用してみて様子を見ます。  

結果的には画像のサイズを小さくする。広告、SNS連携を最小限にする事を最優先に考えた方が効果があるようです。

ではでは~

前の記事